2018.9.1

【9月のおすすめ】

今月も旬の食材の便りが全国各地より届いております。

麻布秀では四季折々に応じて旬のおでんやおすすめの一品をご用意いたしております。

いよいよ味覚の秋が到来致しました。秋の味覚といえば“松茸”。
大将が吟味した最高級国産松茸は土瓶蒸しや松茸フライなどでお召し上がりいただきます。

もう一つ、秋といえば“秋刀魚”。丸々太った秋刀魚は炭火で蒲焼きにし、秘伝のお出汁とともに炊き上げた土鍋ご飯がお勧めです。
自慢のおでんネタには牛タンが登場。柔らかく煮込んだ牛タンをとろみのあるお出汁とともにお召し上がりください。

麻布秀は一品一品心を込めて仕込み、皆様のご来店をお持ちしています。


<松茸フライ>

th_matsutake_tempra

<土瓶蒸し>

th_dobinmushi2

<牛タンのおでん>

th_gyuutan_oden

<秋刀魚の炊き込みご飯>

th_takikomigohan

PageTop
2018.7.1

【7月のおすすめ】

初の訪れとともに、旬の食材の便りが全国各地より届いております。

麻布秀では四季折々に応じて旬のおでんやおすすめの一品をご用意いたしております。
今月のおすすめは「夏季限定お造り 変わり水貝」「夏の冷やし野菜色々」「四万十川の鮎」「手延べ稲庭うどん」。

水貝といえば鮑ですが、麻布秀では蒸し鮑以外に「 はも・活けだこ・車海老・コチ」などを使って変わり水貝に仕上げます。夏季限定の麻布秀の人気一品です。

鮎は全日本利き鮎会にて1位を獲得した四万十川支流の天然物をお楽しみいただきます。

麻布秀は一品一品心を込めて仕込み、皆様のご来店をお持ちしています。

変わり水貝

th_DSC_0352

夏の冷やし野菜色々

th_DSC_0325

四万十川の鮎

th_DSC_0343

手延べ稲庭うどん

th_DSC_0359

PageTop
2018.6.1

【6月のおすすめ】

初夏の訪れとともに、旬の食材の便りが全国各地より届いております。

麻布秀では四季折々に応じて旬のおでんやおすすめの一品をご用意いたしております。
今月のおすすめは「鱧おとし」「岐阜じゅんさいとアスパラの酢の物」「北海道つぶ貝のつぼ焼き」「和歌山うすい豆の土鍋ご飯」。
6月〜7月に旬を迎える夏の味覚と言えば、ハモ。高級魚として知られ、毎年7月に開催される京都の祇園祭や大阪の天神祭には欠かせない食材です。

じゅんさいは生のものを味わえるのは、主に6月から8月上旬頃までと、僅かな期間のみです。とても淡泊な味わいですが、水中に芽吹く「エメラルド」とも讃えられる、涼しげな風情とツルッとした食感・喉ごしが、夏の到来を感じさせてくれます。
麻布秀は一品一品心を込めて仕込み、皆様のご来店をお持ちしています。

 

鱧おとし

th_hamo_1

じゅんさいとアスパラの酢の物

th_junsai_2

北海道つぶ貝のつぼ焼き

th_tsubu_1

うすい豆の土鍋ご飯

th_usuimame_1


PageTop
CopyRight